看護師 辞める年齢

看護師の離職率と辞める人の多い年齢

看護師の離職率と辞める人が多い年齢を見ていくと、やはり20代が多くなっています。

 

20代の離職率が高い理由として、様々な離職率を高めるイベントがあるためです。

 

例えば、20代というと結婚や出産があります。
それまで夜勤がある状態で仕事をしていた看護師も、結婚や出産を機に、働き方を変えることを考えるようになります。

 

そのタイミングが離職のタイミングとなるのです。
そして、もう1つ大きな要因となっているのが、自分のしたい分野がはっきりすることです。

 

看護師は新卒ではあまり診療科目を選択していることがありません。

 

総合病院などで病院手動で配属先が決まることがほとんどです。

 

そして、いろいろと経験していく中で、自分が働きたい分野がはっきりとしてきます。

 

その時に、今働いている職場での部署異動で対応できることであれば、転職にはなりませんが、そうでない時には転職することになります。

 

これが大体経験3年から5年というタイミング、すなわち20代の後半ですね。

 

このようなことで20代の離職率が高いわけですが、40代の離職率も高くなっています

 

この年代は定年まで勤務できる職場というのがキーワードになっています。

 

今の職場での勤務がしんどい、ということで将来を考えての転職を行うのです。