クリニックから病棟への復帰

クリニックから病棟への転職は出来るか?

  • 病棟経験が長いなら問題はないケースが多い
  • クリニック経験が長いと病棟への転職が難しくケースがある
  • 手技や知識に不安があるなら復帰セミナーを受けると良い

 

クリニックから病棟への復帰は心配することなく出来る人が多いです。

 

一方で美容系クリニックや病棟勤務から長く離れていた人は復帰が難しい人もいます。

 

病棟への復帰が難しいケース

病棟への復帰

クリニックから病棟への復帰が難しいケースは、

  • クリニック経験が5年以上など病棟から離れた期間が長い
  • 美容など関係のない分野で働いている

です。

 

クリニック経験が数年であれば特に問題はありません。
期間が短ければ看護技術や知識を忘れていないと思いますので気にする必要はありません。

 

しかし、例えばクリニックで5年以上勤務をすると、病棟での勤務が難しいケースもあります。

 

クリニックと病棟の大きな違いは、入院患者さんの対応をしているか、外来患者さんの対応をしているかです。

 

同じように看護師として業務をこなしているので、特に問題ないように思うかもしれませんが、業務内容は大きく変わってきます

 

クリニックと病棟の大きな違い

簡単にイメージを伝えると、クリニックは医療機関の入り口です。

 

クリニックで診察をし、クリニックで対応できる範囲のものはクリニックで対応しますが、クリニックで対応できない患者さんに関しては、紹介状を書き、病院での治療や検査を勧めます。

 

つまり、クリニックよりも対応範囲が大きく異なりますので、看護師さんが行う看護業務の難易度も大きく変わってくるのです。

 

こういった点から、クリニックで長く勤務すると、看護技術や知識を忘れてしまうため病棟での業務についていけなくなってしまいます。

 

その点を病院側が心配をし、採用に至らないケースがあります。

 

クリニックから看護師へ復帰するなら中途教育の病院を選択

クリニックから病棟に転職する際には、クリニック勤務の前の病棟経験にもよりますが、ブランクがあるという認識で研修や指導体制がある病院で勤務することをお勧めします。

 

特に冒頭でお話した5年以上も看護師を離れてしまった場合は中途教育は重要です。
採用する病院側も即戦力とは考えないでしょうから、面接ではやる気をみせることも必要になります。

 

病院の中には新人研修はやるけど、中途教育はおこなわないというところもあります。

 

求人サイトを利用して中途教育でどのような研修があるか?を確認しておきましょう。

 

応募先の病院情報が一番分かる看護roo!

看護roo

  • 教育内容が詳しく分かる
  • 人員構成や年齢構成が分かる
  • 離職率や退職した看護師の理由が分かる
  • 電カルの有無や使用する機器が分かる
  • 有休の取得率や残業時間が分かる

>>看護roo!の公式サイトはこちら